後悔しない腕時計の選び方-SEIKOその1-

後悔しない腕時計の選び方-SEIKOその1-

後悔しない腕時計の選び方。

これからは各メーカーやブランドに注目して見て行きましょう!

初回となる今回は、世界初のクオーツ式腕時計「アストロン」を開発、
唯一無二のムーブメント「スプリングドライブ」や、様々なシリーズを持つ、
国内を代表する時計メーカー

「SEIKO」です。

SEIKOの歴史

1881年、服部時計店として創業したのが現SEIKOのはじまりです。
その後1892年に時計製造工場「精工舎」を立ち上げ、それが現在の社名の由来にもなっています。

1913年には国産初の腕時計「ローレル」の製造が開始。
国内の時計産業を牽引していきます。

1960年には、スイス時計に負けない時計をと後に復活する初代「グランドセイコー」を開発。
クロノメーター取得腕時計に匹敵する正確性を誇りました。

1969年には国産初の自動巻きクロノグラフ「ファイブスポーツ スピードタイマー」が発売。
ブレが少なく、より正確に計測出来る事が特徴の垂直クラッチ方式を採用し、
以降のクロノグラフに多大な影響を与えました。

同年には世界初のクオーツ式腕時計「クオーツ アストロン」も発売。
以降、クオーツ式腕時計を牽引する世界的メーカーの1つになります。

他にも、国産初のダイバーズウォッチや自家発電クオーツ式腕時計「キネティック」、
世界で唯一のムーブメント「スプリングドライブ」、
国産初のコンプリケーションウォッチ「スプリングドライブ ソヌリ」等、
国内時計業界でしっかりとその立場を示しています。

非常に多彩な腕時計ブランドの数々

SEIKO程、国内で様々な腕時計を製造しているメーカーは他にありません。
機械式腕時計、クオーツ式腕時計、GPSソーラー電波腕時計、コンプリケーションウォッチと、
正しく国内の腕時計産業を牽引していると言っても過言ではありません。
特に、機械式腕時計に関しては、「スプリングドライブ」を含め、
他メーカーには決して追随させない技術力があります。

SEIKOが抱える代表的なブランドは

  • トップブランドであり、現在は独立したブランドとして展開している「Grand Seiko(グランドセイコー)」
  • コンプリケーションウォッチを筆頭に、日本の美意識と技術を世界に示す「CREDOR(クレドール)」
  • 狂気すら感じるそのデザインは抜群の存在感を放つ「GALANTE(ガランテ)」
  • 初代クオーツの名前を冠した、最新技術を備えたGPSソーラー「ASTRON(アストロン)」
  • 冒険をテーマに様々な条件に対応するスポーツウォッチ「PROSPEX(プロスペックス)」
  • 本物をテーマに、技術とデザインが光る機械式ブランド「PRESAGE(プレザージュ)」
  • SEIKO唯一の女性向けブランド「LUKIA(ルキア)」

以上7ブランドが現在の主流です。

他にはSEIKOの一時代を支え続けたハイスタンダード「BRIGHTZ(ブライツ)」、
ペアウォッチが主軸のブランド「DOLCE&EXCELINE(ドルチェ&エクセリーヌ)」、
コストパフォーマンスを重視した「SEIKO SELECTION(セイコーセレクション)」、
若者に人気を誇るブランド「WIRED(ワイヤード)」等、
様々なブランドを抱えています。

Grand Seiko(グランドセイコー)

SEIKOを語る上で絶対に外せないのがこのトップブランド

「Grand Seiko(グランドセイコー)」です。

ムーブメントは大きく分けて3種類。そのどれもがグランドセイコー語る上でなくてはならない存在です。

鉄板!最高レベルのクオーツムーブメント「キャリバー9F」

グランドセイコーの中でも一番価格帯が低く、且つオススメし易い不動の人気ムーブメント。

瞬間日送りカレンダー、
クオーツにも関わらず重い針を動かせるツインパルス制御モーター、
秒針をより正確に動かすバックラッシュオートアジャスト機構、
クオーツにも関わらず微調整が出来る緩急スイッチ、
何よりも年差±10秒というクオーツそのものの高い正確性。

クオーツ式腕時計としては最高クラスの機能と性能を誇ります。

グランドセイコーでどれを選ぶべきかと問われれば、
多くの人がこのキャリバー9F搭載の腕時計を選べば間違いないと答える事でしょう。

元祖グランドセイコーのメカニカルムーブメント「キャリバー9S」

世界レベルの機械式ムーブメントを目指すという旗の下に作られ、
正しく世界レベルに到達した機械式ムーブメント。

全てが高水準の各パーツ、
最大巻き上げ72時間、約3日間の持続時間を誇るぜんまい、
最小平均日差±5秒と、クロノメーター級の性能を誇るムーブメント。

極当たり前の部品を、最高レベルの技術で作り、組立て上げ、
普通から「最高の普通」へと飛躍させた、非常に使いやすい機械式腕時計です。

外装も非常に洗練されており、シンプルで使いやすいモデルが揃っています。

世界で唯一!独自の発想と技術が光るスプリングドライブムーブメント「キャリバー9R」

グランドセイコーを語る上で外せないムーブメントがこの

「スプリングドライブ(キャリバー9R)」です。

簡単に言えば、機械式+クオーツ式のハイブリッド。
しかし、電池は一切使用せず、ぜんまいで発電し、ICで秒針を制御、
駆動部は完全に機械式と同じという、まさに卓越した技術を持つSEIKOならではのムーブメントです。

水晶振動子、IC、発電をやってのけるトライシンクロレギュレーター、
滑らかに音もなく動き続けるスイープ運針、
機械式にも関わらず性能は月差±15秒。

特にスイープ運針は、一度見れば思わずうっとりしてしまう滑らかさ。
時の流れを刻むのではなく、正しく流れていると感じさせてくれます。

動画だと判り易いですが、この動画は何の誇張でもなく、実物もこれだけ滑らかに流れます。

世界でも唯一無二のムーブメントは、今ではグランドセイコーだけでなく、
クレドールやガランテにも搭載されています。

ほぼ全てが手作業、驚きのコストパフォーマンス

グランドセイコーは、製造から組み立てまでをほぼ手作業で行っており、
その洗練された技術は正にSEIKOのトップブランドに相応しい出来です。

特にサファイアガラスの視認性は、世界でも右に出るものは少なく、
抜群の視認性の良さを誇ります。

装飾性も、文字盤のデザインに関しては賛否両論ありますが、
他の面では文句のつけようが難しいと思います。

グランドセイコーの凄さはそれだけでなく、驚くべきコストパフォーマンスの高さです。
最高の普通と言う謳い文句は伊達ではなく、勿論価格帯は高めですが、
同じレベルのものを海外ブランドで求めるなら軽く数倍の価格になってもおかしくありません。
特にクオーツ式のキャリバー9Fを搭載した腕時計は、万人にオススメ出来る最上級品です。

GS9 Club

グランドセイコーには2015年3月1日以降に、
全国のグランドセイコーマスターショップでグランドセイコーを購入した方限定で
入会する事が出来る会員組織があります。

それが「GS9 Club」です。

会報誌だけでなく、工場見学や新製品展示イベント等、様々な取り組みが行われています。
国内の時計会員組織としては、割と活発に活動している印象も多く、愛用者には嬉しい特典です。

また、グランドセイコーにはマスターショップ限定モデルも多く存在し、
それ等は中古品以外基本的には出回りません。

オススメのモデルをピックアップ

ここからは筆者オススメのモデルをいくつかご紹介。

まずはスプリングドライブの「SBGA211」
こちらはマスターショップ限定モデルで、販売店が限られています。

何と言っても特徴的な文字盤が目を引きます。
新雪をイメージしたその特徴的な模様は、
一度目にするとその独特な印象が目に焼き付きます。
ブライトチタン製で軽く、見た目もスプリングドライブに相応しい未来感を感じさせます。

こちらはクオーツ式の「SBGX265」
大きな針とシンプルな文字盤は最高の普通に相応しいです。
グランドセイコーのクオーツでも最安値に近く、
コストパフォーマンスは抜群に良いです。

最後は機械式腕時計の「SBGH205」
こちらもマスターショップ限定モデルです。
岩手山の山肌をイメージした文字盤は、写真だと全く魅力が伝わらないのですが、
実際には独特の輝きを放ち、光の当たり具合で深い黒にも、明るい黒にも、
そして複雑な模様パターンが刻まれた黒にも見えます。
更に10振動の高性能機械式ムーブメントで性能も高いです。

まとめ

  • グランドセイコーならクオーツ式腕時計を買えばまず間違いない
  • コストパフォーマンスは圧倒的に高く、一度使えば手放せなくなる
  • 唯一無二のスプリングドライブ。スイープ運針が気に入れば他に選択肢はありません。

今回はSEIKO、その中でもグランドセイコーを中心にお届けしました。
魅力的なモデルが多く、普段使いの時計としては正しく最上級の腕時計ばかりです。
特にクオーツ式腕時計のキャリバー9Fは、この記事以外でも再三記載している通り、
クオーツ式腕時計としては最高レベルの使い心地と正確さを誇ります。
価格も20万円代から選べる為、割と選択しやすい価格帯だと思います。
長く使える普段使いとして1本あれば、心強い腕時計になってくれる事でしょう!

腕時計カテゴリの最新記事