後悔しない腕時計の選び方-ORIENT(オリエントスター)-

後悔しない腕時計の選び方-ORIENT(オリエントスター)-

各メーカー、ブランドを紹介する今シリーズ。

今回は、国内時計メーカーでも歴史が古く、
愛好者も多い日陰の人気ブランド。

「ORIENT(オリエント)」です。

オリエントの歴史

オリエント(現・セイコーエプソン)は、
創業1901年、吉田時計店がその元になっており、
国内ではセイコー、リコーに次いで3番目に時計産業に参入した古参メーカーです。

機械式腕時計を主軸に展開し、今なお続く46系ムーブメントを筆頭に、
実用性の高い時計から、とんでもないオモシロ時計まで、
数多くの名作・迷作を世に送り出してきたブランドになります。

国内では時計好きにしか殆ど知られていないブランドではありますが、
コストパフォーマンスの高さと故障の少なさから、
アジア圏を中心に国外ではかなりの人気を誇っており、
今も尚、国内よりも国外での認知度の方が高い、日本メーカーとしては稀有な時計ブランドです。

現在は2017年をもって、セイコーエプソンに統合される形でブランド名だけが存続しています。

オリエントスターとオリエント

2018年現在、オリエントのブランドは、

「オリエントスター」と「オリエント」の2つに分かれています。

因みに、以前は上記2つに加え、ロイヤルオリエントと呼ぶ最高レベルの時計ブランドもありましたが、
時代の流れと共に淘汰され、オリエントスターに半ば吸収される形でその歴史を閉じました。

また、現状ブランドとしてのオリエントは縮小傾向にあり、以前と比べるとモデル数が大幅に淘汰されました。
以前のオリエントブランドはそれはそれは面白い時計が沢山あり、
価格帯も控え目な事から、多くの時計ファンを虜にしてきました。
残念ながら、ブランド縮小と会社の統合により、それ等はもう二度と姿を現す事はないでしょう・・・。

個人的に、オリエントの時計を買うならオリエントスターを強く勧めたいので、
当サイトではオリエントスターのみをご紹介致します。

コストパフォーマンス最高のオリエントスター

現在は機械式時計専門のブランドとして、セイコーエプソン時計ブランドの看板の1つになっています。

その魅力は圧倒的なコストパフォーマンスの高さ、
そして長年かけて育てたムーブメント、46系の存在を失くして語る事は出来ません。

まずは、コストパフォーマンスの高さ。
同価格帯の機械式腕時計の中では、仕上げの美しさ、性能の高さ、故障率の低さは特筆すべきレベル。
機械式に拘り続けたからこそ出来る、機能と価格のバランスの良さは国内ブランド随一です。

そんなコストパフォーマンスの良さを支えるのが、オリエントを代表するムーブメント「46系」です。
1971年に誕生して以来、今日まで改良が続けられ、沢山の愛情を注がれてきたオリエントの要です。

現行の最新ムーブメント「46系F7-50」では、性能もグンとアップ。
パワーリザーブは40時間から50時間へと伸び、それでいて日差は±15秒と驚きの高性能。
ムーブメント自体の装飾も、同価格帯ではこれより美しいものを探す方が難しい程素晴らしいです。

オリエントスターには魅力的なモデルが沢山ありますが、
その中でも筆者オススメのモデルをご紹介します。

最新ムーブメント「46系F7-50」を搭載したスリムスケルトン。
今までの46系よりもムーブメントの仕上げが一層良くなったので、
裏を見ても楽しめる腕時計になっています。
パワーリザーブも長いので、使い勝手も良いです。
シンプルでありながら高性能、そして価格も控え目と、
実にオリエントスターらしい腕時計です。

一方、こちらは「46系F7」を搭載したムーンフェイズが目を引くタイプ。
文字盤の装飾はオリエントスター史上最高と言って良い程美しいです。
文字盤が白のタイプの方が人気が高いそうですが、個人的にはこの青文字盤がイチオシ。
光の当たり具合で文字盤中央のオリエントスターマークが見え隠れするのも味わい深いです。
勿論、ムーンフェイズの仕上げも抜かりなく美しく仕上がっており、そちらも楽しめます。
ロイヤルオリエントの息吹をも感じさせる名品。筆者イチオシのモデルです。

今や高級腕時計以外ではほぼ見られなくなった、ワールドタイム機能搭載のモデル。
毎年の様にマイナーチェンジを重ねてきましたが、
もしかすると、今モデルが最後になるかもしれません。
一目で世界各国の時間帯が判る為、海外旅行のお供にも最適。
オリエントスターらしい実直で真面目な作りが、安心感を持たせてくれます。

そして、最後に紹介するのがこのモデル。
国内ブランドでは現状ほぼ存在しないフルスケルトンの機械式腕時計です。
名前の通り内部のほぼ全てが見られる作りになっており、歯車の鼓動を感じる事が出来ます。
内部の機械に施された彫刻は、ほぼ全て手作業。日本の職人魂を感じさせてくれます。
因みに、ムーブメントはこのモデル専用に改良されている為、
パワーリザーブが旧46系にも関わらず、50時間と長め。
手巻き専用なのですが、ぜんまいの巻き心地は非常にソフト。この点も実に日本製らしいです。
個人的には、是非新しいムーブメントでも作って欲しいですね。
その場合、値段はこのモデルよりも更に高くなってしまいそうですが・・・。

まとめ

  • 機械式腕時計を初めて買う方にもオススメ
  • 新ムーブメントはオリエントの底力を感じさせる
  • ムーンフェイズ付きモデルは過去最高レベルの美しさ
  • 他モデルもコスパを求めるなら選択の余地あり!

機械式腕時計が欲しい、そして出来れば国産の腕時計が良い。
そんな方にオススメしたいのがオリエントスターです。
初めて機械式腕時計を買う方には特にオススメです。
精度が良く、壊れにくく、綺麗で、価格も控え目。
日本の物づくりを体現しているかの様な腕時計です。
特に装飾等の仕上げに関しては、この価格帯としてはトップレベルであり、
今後、より高い価格帯の時計を見る時の試金石にもし易く、
ご自身の腕時計の基準を設けるにも最適なブランドだと思います。

腕時計カテゴリの最新記事