後悔しない腕時計の選び方-CITIZENその4-

後悔しない腕時計の選び方-CITIZENその4-

思いの外長く回数が続いておりますが、今回もまだまだ国内の名門メーカー。

「CITIZEN」

をお届けしてまいります。

ATTESA(アテッサ)

働く大人の男達へ。
それをコンセプトに作られたブランドで、どれも男性好みなデザインと機能性を持っています。
勿論、ほぼ全てエコ・ドライブの腕時計です。
デザイン的にはスポーツよりではありますが、ビジネスでも十分使えるモデルが多いです。

ここからは筆者オススメのモデルをご紹介。

フローズングレーの特徴的な文字盤が見るものを惹きつけます。
チタン製なので、文字盤のグレーとマッチして非常に洗練された印象を受けます。
勿論、重量は102gとチタンらしい軽さも魅力。付属の革ベルトに付け替えれば更に軽くなります。
世界限定900本と、希少性もあるので、限定モデル好きにもたまりません。
わに革の革ベルトが付属し、アジャスト機能ありのバックルがセットで付いてくるのも嬉しい点。
機能もGPS衛星電波受信、クロノグラフ、ダブルダイレクトフライト等、
CITIZENが誇るエコ・ドライブの機能をほぼ全て盛り込んだ機能的には最上級のモデルです。
しかし、筆者がオススメする一番の理由は搭載されたムーブメント「キャリバーF900」です。
以前、クオーツ式腕時計の解説記事でもご紹介しましたが、
このキャリバーF900最大の特徴は何と言っても、恐ろしい程早い針の動き。
初めて見た時には、その針の動きに思わず笑ってしまう程でした。
また、電波時計とは言え、非受信であっても月差±5秒と、これまた驚異的な精度を誇ります。
個人的に、ATTESA(アテッサ)で何か腕時計を買いたいなと思うならキャリバーF900一択で良いです。

20万円を切るこの様なモデルもあるので、コストパフォーマンスは極めて高い事も素晴らしい。
因みに上記のモデルがF900の最安値のモデルになっています。

PROMASTER(プロマスター)

CITIZENのスポーツブランド、それがプロマスターです。
1989年に誕生したこのブランドは海、陸、空とテーマ毎に分かれています。

コスパと堅牢性を意識したモデルが多く、実にCITIZENらしいブランドです。

ここからは各テーマ毎に筆者オススメのモデルをご紹介。

まずは海のモデル。ダイバーズウォッチです。
最大70mまで水深計測が可能で、最大水深と現在の水深を同時に計る事が出来ます。
5本も針がある為、一見見づらそうに思いますが、
針がそれぞれ特徴的な形をしている事で、非常に判り易いデザインになっています。
夜光塗料により、蓄光すれば水中でも判別し易いのも嬉しい。
ガラスを敢えてクリスタルガラスを採用し、コストを抑えています。
価格も70,000円前後と、ダイバーズウォッチとしてはかなり控えめな価格になっています。

次は陸のモデル。高度計、方位計を備えたモデルです。
こちらも、敢えてクリスタルガラスを採用する事でコストを抑えています。
-20℃にも耐え得る堅牢性の高さは特筆すべき点。
高度計は-300mから10,000mまで、必要なのか?と思う高度まで計る事が出来ます。
一応20気圧防水と防水性能も高いですが、バンドがウレタン製なので、
海水には若干脆い為、やはり陸で使うのがベストでしょう。

最後は空のモデル。ブルーインパルスとのコラボレーションモデルです。
これに関しては単純に見た目最優先で選びました。
だって、格好良いでしょう?6時のエンブレムが特に目を惹きます。
裏面にもしっかりとブルーインパルスのエンブレムが刻印。しびれます。
勿論機能も充実しており、電波受信にクロノグラフ、航空計算尺機能やアラーム等、
パイロットウォッチに相応しい機能盛り沢山なモデルです。
個人的にはディスク式のダイレクトフライトを搭載している点もポイントが高いです。
ワールドタイム機能の中でも、ディスク式は秀逸だと思います。

CITIZEN L(シチズンエル)

女性の為のブランド、それがCITIZEN L(シチズンエル)です。
光で動くエコ・ドライブと、光輝く女性達に相応しいジュエリーの様な時計がテーマ。
レディースモデルとしてはデザイン性がトップクラスに素晴らしいと思います。
コストパフォーマンスの高さも良く、普段時計をしない女性へのプレゼントにも良いと思います。

ここからは筆者オススメのモデルをご紹介。

世界限定数1,000本のモデル。
光のグラデーションをテーマにしたブレスレットが付属しており、
時計と併せて付けるもよし、単独で付けるも良しと、お得なモデルになっています。
腕時計としての機能を重視するよりは、あくまでデザイン性重視のチョイスですね。

10石ものダイヤモンドが散りばめられたモデル。
白蝶貝を加工した文字盤も美しく、使い勝手の良いベゼル位置も拘りを感じます。
ケースと周囲リングの間にある3つのダイヤモンドはフリーで動き、
腕を動かす度に位置が変わる為、時計そのものの印象も見る度に変わりエレガント。
時計の視認性も高く、筆者イチオシのモデルです。

柔らかみのあるピンクゴールドが特徴的なモデル。
価格帯が3万円代ながら、とても3万円代には見えない装飾性の高さが嬉しい。
白蝶貝文字盤も同タイプのモデルの中で一番自然な輝きなので、
洋服との合わせ方も楽だと思います。
サファイアガラスを採用しているので視認性も高く、使いやすい点も〇。

まとめ

  • アテッサならF900搭載モデルで決まり!
  • プロマスターなら使い方で選ぶのが良い
  • シチズンエルはどのモデルもシンプルでエレガント。
    ダイヤモンドモデルは、手元の美しさを演出します。

今回はシチズンの中核をなす3ブランドをご紹介しました。
F900が断然オススメなアテッサから、コラボレーションモデルが印象的なプロマスター。
エレガントな女性にピッタリのシチズンエルと、ブランド毎に特色がハッキリと出ていますね。
次回でシチズンの記事もいよいよ最後。
XC(クロスシー)、エコ・ドライブ Bluetooth、そしてカンパノラをご紹介致します。

腕時計カテゴリの最新記事