後悔しない腕時計の選び方-CASIOその1-

後悔しない腕時計の選び方-CASIOその1-

国内時計メーカーの一先ずのトリを飾るのは、G-SHOCKでお馴染みの

「CASIO」

歴史や代表的ブランドをご紹介してまいります。

CASIOの歴史

CASIOは1946年、樫尾製作所が前身となり、
1957年に世界初の小型純電気計算機を開発したのを機に、カシオ計算機を設立。

その後、1974年に「カシオトロン」を発売すると同時に、
本格的に時計産業へと参入しました。

国内では最も遅い参入ではありますが、やはりG-SHOCKの一大ブームにより、
日本のクオーツ式腕時計を代表する国内ブランドになりました。

G-SHOCK

最早知らない人はいないであろう、CASIOを、日本を代表する腕時計ブランドです。

1983年に登場して以来、その堅牢性は腕時計の常識を覆す程の大発明でした。

その堅牢性は年を重ねる度に益々進化しており、
最新作には、カーボン素材をベゼルに採用して軽さと耐衝撃性能を上げたり、
Bluetooth搭載GPS電波ソーラーを搭載し、正確さや利便性まで手に入れたりと、
(最新作のMRG-G2000は現在何故かカタログ漏れ)
暫くG-SHOCKを手にしていなかった方には、とても新鮮に映るモデルも登場しています。

勿論、元祖のG-SHOCKに近いモデルもしっかりとラインナップされています。
価格も11,000円。実売価格はもう少し安く手に入るかもしれません。
1つあれば、電池が切れるまで確実に時を刻み続ける、安心、定番のモデルです。

少しだけ価格があがりますが、こちらもほぼ初代モデルと同じ形、同じ性能。
違いは1つ。ソーラー充電が可能になった点です。
フル充電から毎日使用しても11カ月。
パワーセーブ状態だと2年以上も電池が持つ脅威の性能を誇ります。
今購入するのであれば、長い期間電池交換の必要がないこちらのモデルの方がオススメです。

耐衝撃構造

初代G-SHOCKから最新モデルにまで共通するのが「中空構造のケース」

中のムーブメントとケースの接触部を可能な限り減らす事により、
衝撃を分散させて中のムーブメントを守る画期的構造です。

時計本体の重量バランスまで考え抜かれており、
出来るだけ衝撃が一か所に集まらない様に配分されています。

特徴ある四角形の本体デザインは、初代から現在のモデルまで多くに採用されています。

高い防水性能

通常多くのクオーツ式腕時計では、10気圧防水が採用されています。

10気圧防水も20気圧防水も、
表記上は「日常生活用強化防水」と一言でまとめられます。

G-SHOCKはその多くが20気圧防水になっており、
日常の水仕事は勿論、サーフィンやジェットスキーでも利用出来、
更には空気ボンベを使用しない潜水であれば楽々耐えられる程の防水性能を誇ります。

独自の進化を遂げた最新G-SHOCK

ここからは、筆者大注目の最新モデルをいくつかご紹介。

G-SHOCK誕生35周年を記念して誕生したフルメタルボディのG-SHOCK。
初代のフォルムはそのままに、ケースからベゼル、バンドに至るまでその全てをステンレスに。
重量167gと、G-SHOCKとしては規格外の重さですが、
見た目からその強さを感じられます。
本来、時計本体が重い=落下時の衝撃は増して壊れやすい方程式が出来上がるのですが、
そこはG-SHOCK。そんな心配は全く要りません。
ステンレス化だけでなく、Bluetooth機能、ソーラー充電、電波受信、ワールドタイム、
その他、G-SHOCK標準装備の機能はほぼ全て備わっており、
正に21世紀のG-SHOCKらしいモデルに仕上がっています。

ゴツイ、デカイ、ツヨイ。
本体だけでなく、リューズにまで耐衝撃構造を備え、
アナログクオーツ式腕時計としては最高レベルの堅牢性。
GPSハイブリッド電波ソーラーなので、
どこに居ようとも正確な時間を受信出来ます。
複数のモーターを内蔵し、針の動きが早いのも特徴。
現状アナログ式ソーラー腕時計でこれより多機能、耐衝撃性能を持つ腕時計は存在しません。
CASIOの、G-SHOCKの自信が表れている一品です。
カタログ漏れの最新作MRG-G2000は、この時計に更にBluetooth機能が搭載され、
名実ともに最高峰のクオーツ式腕時計になりました。

最後にご紹介するのは「RANGEMAN」シリーズ。
耐衝撃性能は言わずもがな、防塵防泥、
Bluetoothとの連携も可能なソーラーアシストGPSナビゲーションシステム、
ソーラー充電だけでなく、USBワイヤレス充電器による充電システムも備え、
正に向かう所敵無しの究極サバイバルウォッチ。
GPSは連続受信をしても20時間駆動し、例えGPSが使えないバッテリー残量になったとしても、
GPS以外の機能は2ヶ月間使用可能と、驚くべき省電力を実現。
更に、天気が悪くソーラー充電出来ない時でも、直接ワイヤレス充電が可能だったりと、
ソーラー充電腕時計の常識をも覆す機能が満載のG-SHOCKです。
最早これはG-SHOCKなのだろうかと思う程。
ガジェット好きにはたまらないモデルになっています。

まとめ

正直な所、G-SHOCKだけで数回連載してしまいそうな程、
昨今のG-SHOCKの進化たるや目を見張るものがあります。
G-SHOCKと言えば、四角くて、デジタルで・・・。
そんなイメージが強かったですが、
今のG-SHOCKはそれを凌駕する性能、デザイン性も兼ね備えています。

毎年発売される限定モデルは海外でも人気が高く、
価格帯が通常モデルの倍~3倍にも関わらず即完売する等、
未だにG-SHOCK人気は衰えを知りません。

勿論、定番モデルも多くが未だ現役。
電池式モデルを選ぶもよし、利便性の高いソーラーモデルを選ぶもよし、
G-SHOCK一つとってもその選択肢はとても幅広いです。

壊れない、ちょっと良い時計が欲しい時。
壊れない、ゴツくて格好良い時計が欲しい時。
壊れない、極限のサバイバルに繰り出す際の相棒が欲しい時。

G-SHOCKを調べてみれば、お望みのモデルが見つかるかもしれません。

腕時計カテゴリの最新記事