新世代の健康タバコ。[DR.VAPE]最速レビュー

新世代の健康タバコ。[DR.VAPE]最速レビュー

最近流行りのプチラグジュアリーアイテムの1つ

「電子タバコ」

日本では、

  • アイコス
  • グロー
  • プルーム・テック

この3つが代表的です。
しかし、この3つは全てニコチン入りの電子タバコになっており、
言ってしまえば第2の「タバコ」なのです。

今回、筆者が取り上げるのは、そんなニコチン入りの電子タバコではなく、
あくまで、香りを楽しむ為に作られたニコチンが入っていない電子タバコになります。

そんなニコチン0の電子タバコでも鳴り物入りで日本に登場したのが今回取り上げる

果たして、「DR.VAPE」とはどの様なものなのでしょうか!

レディ・ガガのファッションプロデューサーが共同開発

レディ・ガガの専属クリエイティブディレクターも務めた経歴を持つ、
日本生まれのクリエイター「ニコラ・フォルミケッティ」が共同開発に名乗りを上げ、
デザインだけでなく、その味や香りにまで拘ったと謳われています。

確かに、デザインはこういった電子タバコの中でもオシャレだなと感じます。
ちょっとした拘りは、特に男性の方には嬉しいのではないでしょうか。

カートリッジ式ニコチン0電子タバコ

ニコチン入りの電子タバコと構造はほぼ同じです。
本体となるスティックに、フレーバーが入ったカートリッジを取り付ける事で、
タバコと同じ様に吸って楽しむ事が出来る様になります。

本体はUSB充電で繰り返し使う事が出来、
フレーバーは使い終われば、そのまま捨てる事が出来る為、
非常に取り扱いがしやすい構造です。

出る煙は水蒸気で、味と香りをしっかりと楽しめる仕組みになっています。

早速開封!

今回はじっくりとレビューしていきます。
因みに、筆者は普段からニコチン0電子タバコを愛用しています。
かなりの数を試しましたが、現在はカートリッジ式ではなく、
使い捨てタイプのこちらの「ブラックティー」を愛用しています。
勿論好みはあるかと思いますが、本体の作り、味、香り全てが抜群だと思います。
特に本体の作りは、こういった使い捨てタイプの中では断トツで素晴らしいです。

閑話休題。
さて、それでは開封していきましょう。

ちなみに、筆者はフレーバーカートリッジ3本セットを注文しました。
クラウドファンディング経由なので、恐らくは初期ロットになります。

中身を出すとこの様に。

フレーバーは全部で6種類。

  • クラシックスモーク
  • ワイルドビター
  • ミントメンソール
  • ジューシーマスカット
  • ピュアアップル
  • リラックスバニラ

筆者はその中から吸いやすそうな「リラックスバニラ」「ジューシーマスカット」をチョイス。

因みに、初回セットには「クラシックスモーク」「ミントメンソール」「ジューシーマスカット」が
各1本ずつ付属されていました。

現在販売が開始されたバージョンでは、本体とフレーバーカートリッジは別売りになった様です。
初めてDR.VAPEを楽しまれる方には、こちらのスターターMIXがオススメです。

本体の箱を開けると、まず目に飛び込んできたのは、スティック状の「DR.VAPE」本体に、充電用のUSBコネクタ。

本体は白・黒の二種類だったのですが、筆者は黒を選びました。
正直、写真で見た時は真っ黒なイメージだったのですが、グレーに近い印象を受けます。
初期ロットなので、これから変わると思いますが、
LEDライトで光る部分の作り込みがほんの少し甘いかなと感じる程度。
デザインは思ってた通りのデザインなので良かったです。

本体の左側を見てもらうと判るのですが、
カートリッジ式電子タバコの例に漏れず、ネジの様な切込みが入っています。
ここに、フレーバーカートリッジやUSBコネクタを回し込んで装着するワケです。

説明書とかないのかなと思って箱をゴソゴソしたら、やはり本体の下にありました。

説明書と、DR.VAPEを収納して持ち運ぶ為のケースです。

ケースはシンプルで格好良い。けれど!

このケース、サイトの画像を見ていた時は、シンプルながらオシャレで格好いい!と思っていました。
確かに、デザインは凄くシンプルで良いと思います。
しかし!

まず、素材がプラスチックで大変安っぽい。
専用ケースに関しての記述がなかった為、不安だったのですが、的中してしまいました。
折角のオシャレなデザインも台無しです。
口を付けて吸うものなので、唾液等によっての錆の心配があるので、
金属やアルミは恐らく使えなかったのでしょうが、
それにしても、この出来は酷いです。

せめて開閉部分がもう少ししっかりしていれば良かったのですが、
写真の通り(判り辛いですが)、切れ目が入っているだけです。
筆者の予想ですが、頻繁に使用する方なら、半年持たない気がします。
恐らく、すぐに千切れる事でしょう。
ケースだけは、すぐに買いに行かなくてはと思いました。

ケースの中は開けるとこの様な感じ。
後ほど、DR.VAPEを収納した写真も掲載しますが、
USBコネクタは収納向きが固定だった事は注意しなくてはいけません。

説明書には、必要最低限の事のみ。
フレーバーは1本で500回吸う事が出来、本体は1回の充電で350回吸えるとの事。
勿論、吸う長さによって左右されるので、あくまで目安です。
本体を2回充電すれば、フレーバーも交換という感じですね。

では、改めて本体とUSBコネクタを拝見。
ご覧の様に、ネジの様な溝があり、装着出来る様になっています。

接合するとこんな感じに。
この写真だと本体のグレー感が判って頂けるかと思います。
個人的にはやはり真っ黒の方が格好いいと思うのですが、どうでしょうか。
白の方は真っ白なのかも気になります。

これをパソコンだったり、USB用のACアダプタに差すと充電されます。
充電は満充電まで2時間~3時間との事。
家に届いた際には、満充電が予めされていた様でした。

ホテルのアメニティの様なフレーバーカートリッジ

フレーバーカートリッジも開けてみましょう。
シンプルな包装に、これまたシンプルな個包装。
ホテルのアメニティを彷彿とさせるデザインですね。

パッケージには製造日が記載されており、
説明書にも記述がありましたが、この日から1年間を目安に利用して欲しいそうです。
個包装にも製造日が掛かれているのは嬉しい点。
今回はレビューの形式なので、後ほど全て開封してしまいましたが、
普段なら、吸う直前まで開けない方が良いかもしれません。
開封した時から香りは、微量とはいえ、抜けていきますので。

装着するとやはりオシャレ

DR.VAPE本体とフレーバーカートリッジを装着するとこんな感じになります。
左側がDR.VAPE本体、右側がフレーバーカートリッジです。
本体に止まるまでしっかりと回しながら装着していきます。
このカートリッジはクラシックスモークになります。
カートリッジ毎に右端(吸い口)のグラデーションと、カートリッジの色が違います。

DR.VAPE本体側から見た図。
どうしても上手く撮影出来ず申し訳ありません。
DR.VAPE本体の接続部と反対側は、LEDが付いており、
吸ったり、充電時に光る様になっています。
吸い方にもよりますが、割と豪快に光る印象です。
充電時は、充電中は常時点灯し、充電が完了すればLEDが消える仕組みになっています。

DR.VAPE本体とUSBコネクタを付属ケースに収納してみました。
USBコネクタはこの向きじゃないと蓋がしまりませんでした。
上下逆さまの状態で無理に閉めようとすると、ケースが壊れる可能性があります。
また、DR.VAPE本体は、必ず写真の位置じゃないと収納出来ません。
真ん中2つ空いている穴は、予備用カートリッジを収納する場所になっています。

クラシックスモークは秀逸な味と香り

今回は、お試しカートリッジ3種類、
「クラシックスモーク」「ミントメンソール」「ジューシーマスカット」を実際に吸ってみます。

まず、初めに「クラシックスモーク」を吸ってみました。

公式サイトの表現は

スモーキーな吸い感が心地良いタバコ味。
禁煙、減煙を目指す方にも。

となっています。

先に注釈しておきますと、筆者は普段タバコを一切吸いません。
ニコチン0電子タバコのみ普段使用している状態です。
そんな筆者が吸った感想ですが、

「タバコらしさは判らないけれど、ほんのりスモーキーで美味しい。」

想像ではかなりスモーキーな味と香りを想像していたのですが、
意外や意外、これがかなり吸いやすく美味しい。
ほんのりミント感もあるのですが、本当にほんのりで嫌味がない。
香りも味も、他のニコチン0電子タバコと比べるとかなりマイルドで、
女性の方もこれなら吸いやすいのではないかと思いました。
実は一番期待していなかったフレーバーだけに、この衝撃は中々の物です。

ミントメンソールは是非外で吸いたい

次に吸ってみたのは「ミントメンソール」。

公式サイトの表現は

リーフ感のある、すっきり爽やかなメンソール味。
まるで森林浴したかのようなリフレッシュを。

となっています。

これは、吸ってみた感じも、ほぼその表現で間違いないと思います。
しっかりとしたミント感とメンソール感。
普段メンソールのタバコを吸われる方ならば気に入るかと思います。
カートリッジの名前に恥じない本当に「ミント」感があるカートリッジです。
これは是非、部屋等ではなく、開けた空間で吸いたいフレーバーですね。

ジューシーマスカットは、気分転換に最適

最後に吸ってみたのは「ジューシーマスカット」。

公式サイトの表現は

芳醇でジューシーな甘さ溢れるマスカット味。
はじけるような果実の恵みが楽しめます。

となっています。

ちなみに、このカートリッジは白色なので、黒のDR.VAPE本体に装着すると、
配色がオシャレに思えます。気のせいかもしれませんが。

味は非常に表現し難いですが、簡単に言えばマスカットガム一歩手前。
この一歩手前がかなり重要で、これ以上香りや味がしつこいとほぼガムになってしまいます。
これも、中々に頑張ったんだなと思える出来です。
また、煙(水蒸気)を口の中で留めると、しっかりとマスカット感が楽しめます。
ふかす吸い方よりも、葉巻の様に、口の中で味わう吸い方だと一層楽しめるかと思います。
偶の気分転換に丁度良いと感じたフレーバーです。

筆者のNO1フレーバーは「クラシックスモーク」

一番期待していなかったフレーバーだけに、かなり衝撃を受けました。
もしかすると、このフレーバーが一番香りや味に力を入れているのでは?
と思う程、完成度の高いフレーバーになっています。
次回は絶対このフレーバーを注文しようと決めてしまった程です。

まだ吸っていないフレーバーもある為、いつか追記出来ればと思います。

まとめ

最後に、スターターキット全てをケースに収めてみました。

重ね重ね、ケースの出来だけが残念でなりません。
これは次期ロットがあれば、是非改良して欲しい点です。
全体的な作りを見ても、初期ロットらしい甘さが随所に見受けられます。

しかし、「クラシックスモーク」の完成度の高さには本当に驚きました。
普段タバコを吸っている人には、もしかすると物足りないかもしれませんが、
タバコを普段吸わない筆者の様なタイプには、かなりヒットする味と香りだと思います。

今の所AMAZONを中心に販売も開始されました。
都内では、体験出来る機会がもしかするとあるかもしれません。
その際は、是非クラシックスモークを選んで楽しんでみては如何でしょうか。